あなたのお好きはどのタイプ?!  香りの高い・軽快でなめらかな・コクのある・熟成タイプ別


日本酒の味、香りの特性を、香りが高いか低いか、味が若々しいか濃醇かの二つの軸で区切ることにより、いろいろな日本酒を、次の四つのタイプに分類する事が出来ます。
香りの高いタイプ 軽快でなめらかなタイプ コクのあるタイプ 熟成タイプ


 

日本酒4タイプ分類
 

華やかで透明感のある果実や花の香りが特徴。


甘さと丸味は中程度で、爽快な酸との調和がとれている。
甘   口
はなやな香り

スパイスや干した果物等の力強く複雑な香りが特徴。


甘味はトロりとしていて良く練れた酸が加わり調和している。
酸  味
さわやかな香り
日本酒
旨  味
ふくよかな香り

穏やかで控えめな香りが特徴。


清涼感を持った味わいでさらりとしている。
苦   味
おだやかな香り

樹木や乳性の旨味を感じさせる香りが特徴。


甘み、酸味、心地よい苦みとふくよかな味わいが特徴。

 

 

香りの高いタイプ
このタイプは吟醸酒が代表的で、生酒本醸造酒にも一部核当するものがあります。色調は淡く、果実や花様の上立ち香が高く、軽快で爽やかな味です。香気成分を多く含み、老ね香成分やアミノ酸がすくないのが特徴です。

 

軽快でなめらかなタイプ
このタイプは生酒が代表的です。本醸造酒純米酒にも核当するものがあります。色調は淡く、上立ち香は控えられていますが、新鮮で軽快な含み香と、なめらかでみずみずしい味が特徴です。
香気成分は中程度ですが、リンゴ酸などの有機物を多く含み、アミノ酸老ね香成分は微妙です。

 

コクのあるタイプ
このタイプは純米酒が代表的です。本醸造酒にも核当するものがあります。色調はやや濃く、落ちついた香りとやや重厚な、ほどよい苦みを持っています。乳酸等の有機酸を多く含み、老ね香成分のやや高いものがあります。

 

熟成タイプ
このタイプは古酒が代表的です。一部純米酒にも核当するものがあります。色調は濃く、シェリーのような香気を持ち、重厚で、ほど良い苦みと後味の良さが特徴です。老ね香成分、有機酸アミノ酸を多く含みます。



日本酒製法品質表示

吟醸酒精米歩合60%以下の白米、米麹及び水、又はこれらと醸造用アルコール(95%アルコールとして白米の10%以内)を原料として吟味して製造した清酒で固有の香味及び色沢が良好なもの。

純米酒精米歩合70%以下の白米、米麹及び水を原料として製造した清酒で香味及び色沢が良好なもの。

本醸造精米歩合70%以下の白米、米麹醸造アルコール(95%アルコールとして白米の10%以内)及び水を原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好なもの。

また特定名称酒のうち、次の要件を満たすものについては下記の名称を容器等に表示することが認められている。

純米吟醸吟醸酒のうち、米、米麹及び水のみを原料として製造したもの(大吟醸酒に該当するものには純米大吟醸と表示できる。)

大吟醸酒吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料としたもの。

特別純米酒特別本醸造酒純米酒または本醸造酒のうち、精米歩合60%以下の白米を使用したもの、又は醸造用玄米(酒造好適米)の使用割合が50%を越え、その使用割合を表示したもの。

上記の他に、日本酒の製法品質表示基準では下記の名称を付すには次の要件を満たすことを条件としている。

原酒:製成後、加水調製をしていない日本酒。

生酒:製成後、一切加熱処理をしていない日本酒

生貯蔵酒:製成後、加熱処理をしないで貯蔵し、製造場から移出する際に加熱処理した日本酒。

生一本:単一の製造場で製造した純米酒

樽酒:木製の樽で貯蔵し、木香のついた日本酒。



特定名称の清酒の表示
特定名称の清酒とは、吟醸酒、純米酒、本醸造酒をいい、それぞれ所定の要件に該当するものにその名称を表示することができます。
なお、特別名称は、原料、製造方法等の違いによって8種類に分類されます。

特定名称 使用原料 精米歩合 香味等の要件
吟醸酒 米、米こうじ、 醸造アルコール 60%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
大吟醸酒 米、米こうじ、 醸造アルコール 50%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
純米酒 米、米こうじ 70%以下 香味、色沢が良好
純米吟醸酒 米、米こうじ 60%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
純米大吟醸酒 米、米こうじ 50%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
特別純米酒 米、米こうじ 60%以下 香味、色沢が特に良好
本醸造酒 米、米こうじ、 醸造アルコール 70%以下 香味、色沢が良好
特別本醸造酒 米、米こうじ、 醸造アルコール 60%以下 香味、色沢が特に良好