ご注文または会員ご登録の確認メールが届かないときにはこちらよりメールにてお問い合わせ下さい

賀茂泉 純米吟醸山吹色の酒 720ml [箱入り]

賀茂泉 純米吟醸山吹色の酒 720ml [箱入り]

販売価格: 2,035円(税込)

在庫あり
数量:

お酒詳細

賀茂泉 純米吟醸 山吹色の酒


山吹色の酒は、賀茂泉が自信を持って醸造している純米酒を土蔵庫にて2〜3年常温でじっくり熟成させた長期熟成酒です。

仕込みは、三段仕込を忠実に守り活性炭濾過を廃しているため、日本酒本来の山吹色をしているのが特徴です。
芳醇で後味さわやかな酒質で、和食はもとより洋食・中華料理など、幅広く味わってみてください。冷やしても良いのですが、ぬる燗でもまた違った味わいがお楽しみいただけます。

まさしく山吹色、長期保存しているので華やかな香りはありませんが、味に落ち着きがあり時の流れを感じるお酒です
若いお酒にはない、熟成した旨味をお楽しみください。

原料米:広島八反・新千本(国産米100%)
精米歩合:60% 
原材料名・米
アルコール:15度
日本酒度:+1.9
酸度:1.7
●甘辛:やや辛口

賀茂泉 壽 古酒
賀茂泉酒造株式会社
東広島市西条上市2-4

純米酒」に求めた日本酒造りのロマン
賀茂泉の色あいは、とてもはっきりしています。
昭和40年。
賀茂泉の「日本酒の夢とロマン」(前垣寿男社長)は、そこからスタートした。
賀茂鶴や白牡丹など、西条の大きな蔵と伍していくには何が必要か。
その答えを、蔵独自の個性を活かすことと考えた先代寿三社長は、結論を「日本酒としての本来の姿」に求めた。
それが、米そのままの姿を酒として表現する。「純米酒」だった。

最初はかなり苦労した。
まだまだ昭和40年当時は、添加アルコール糖類(糖蜜)の力を借りる三倍増醸酒が主流だった時代。純粋に米と米麹だけで醸し、しかも精白歩合を当時では画期的な60%に下げた純米酒の概念など、ほとんど浸透してはいなかった。

風が吹いたのが、昭和46年。社長の縁戚である東大寺の上司海雲管長の就任披露宴に、賀茂泉の純米酒が採用され、多くの客が「おいしい酒だ」と注目、表舞台に出るきっかけとなった。
それでも、広島ではまだまだ時間がかかった。

純米特有の山吹色に、「おかしい」「腐っているのでは?」などの問い合わせが殺到。その一つ一つ丁寧に説明し、純米酒のこだわりを貫き通した。
「日本酒のロマン」純米酒は、賀茂泉ならではの代名詞です。

商品に関連する写真 (-p■)q☆パシャッパシャ☆

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー