広島のお酒 香り高いタイプ

広島のお酒 香りの高いタイプ


このタイプは吟醸酒が代表的で、生酒本醸造酒にも一部核当するものがあります。
色調は淡く、果実や花様の上立ち香が高く、軽快で爽やかな味です。香気成分を多く含み、老ね香成分やアミノ酸がすくないのが特徴です。

●種類 吟醸酒大吟醸酒など。
●相性の良い料理 香りが主体となる為、和、洋、中を問わず料理を選ぶ傾向があり食前酒に適しています。
(和風)生カキのレモン添え、ハモの湯引き梅肉あえ、アナゴの白焼き、スズキの塩焼き山菜のてんぷら。
(洋風)白身魚のムース、帆立のワイン蒸し、シーフードサラダ、魚介類のグラタン、クリームシチュー。
(中華)生春巻き、春雨サラダ、帆立貝とブロッコリーの炒め物、八宝菜。
●避けたい料理 風味の強い料理
●適飲用温度帯 8〜12℃
42