ご注文または会員ご登録の確認メールが届かないときにはこちらよりメールにてお問い合わせ下さい

誠鏡 純米大吟醸まぼろし(赤)720ml [箱入り]

誠鏡 純米大吟醸まぼろし(赤)720ml [箱入り]

販売価格: 4,400円(税込)

在庫あり
数量:

お酒詳細

誠鏡 純米大吟醸まぼろし 赤箱


厳選された酒米を高度に精白し、とリンゴ酵母等、極秘伝承の技術を駆使して醸し出された純米大吟醸酒です。

蔵伝承のリンゴ酵母を使い、ほとんどを手作業で醸した香り高いお酒です。昭和49年の発売以来30年以上、蔵ナンバーワンの定評を持っています。【春と秋の限定出荷】

昭和20年代まで皇室新年の御用酒という制度がありました。
それは全国品評会で第1位から第3位に入賞した酒屋が、一升瓶2本を絹でつつみ、桐の箱に入れて皇室に献上できるというものです。
そのお酒は、正月の神事に御神酒として使われるのですが、酒屋にとってこれほど栄誉なことはなく、経費と労力を全くかえり見ずにこの品評会に出品するお酒を造ることになります。

中尾醸造でも、粟粒くらいまで高精白したと、リンゴから採った高い芳香性を持つ酵母、そして、その酵母を純粋に育てるための高温糖化酒母法など、独自に開発した技を駆使してお酒を醸しました。
そして、幾度も試行錯誤を繰り返した末、昭和23年から25年までの3年間、皇室新年御用酒の栄を賜ることができました。
この「幻」は、その時の造り方を忠実に再現して、一つ一つ手作業で醸した蔵究極の逸品です。

この「幻」は、リンゴ酵母による芳醇で華やかな香り、山田錦の濃醇な味を持ちながら、口の中からサッと消える味切れの良さがあります。
飲み頃の温度は5〜15℃くらいが最適です。一本芯の通ったしっかりとした酒質は、例えば冷暗所で保存すれば5年経っても衰えを感じさせず、芳醇な香味と熟成による「まろやかなコク」がお楽しみいただけます。

原料米:山田錦
精米歩合:45%
日本酒度:±0
酸度:1.6
アルコール度:16.6
●甘辛:中口


中尾醸造株式会社
竹原市中央5-9-14

リンゴ酵母を発見。芳香を醸す美酒の蔵。

中尾醸造の創業は明治4年。
賀茂山系から湧き出る伏流水と、広島の良質米をふんだんに使った地酒を造ろうと「廣島屋」の屋号で蔵を興した。
その後、「誠鏡」という銘柄で親しまれ、その名前に込められた「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を映し出してほしい」という意味は、社是として蔵人たちの心に刻まれ、現在まで酒造りに励んできた。

この蔵を全国に知らしめたのは、昭和23年。
なんといっても、独自の酵母開発により発見した「リンゴ酵母」である。
三代目中尾清麿氏が全国を渡り歩き、2000以上もの酵母を収集。
そしてリンゴの皮から採取した酵母で、フルーティーな芳香を醸したきれいな味の酒を作り上げた。

その酒で、全国新酒品評会で第一位を獲得。
以来3年連続で皇室新年御用酒に選ばれるという快挙を達成し、この酵母の発明により「日本醸友会第一回技術功労賞」を受賞している。

現在、「誠鏡」とともに主要ブランドであるその「幻」は、当時の製法をそのままに、昭和49年に復刻された酒。
洗米から最後の搾りに至るまで手作業により丁寧に造られる。
それは、まさに日本酒の原点を追求し、蔵の粋を集めた結晶とも言える。

一般の方でもOKの蔵施設の見学
平成6年に、冷蔵倉庫が完成。
内部は、酵素が完全に活性を失うマイナス3度で保たれていて、生ひねの心配がない。
中尾醸造では、前日までの予約により、蔵の見学が可能。
前述のような品質管理の様子や、米研ぎから仕込みの過程、貯蔵、検品、瓶詰めなどを見ることが出来る。
中を案内されると、意外に機械化が進んでいることに気がつく。
聞けば、「酒の味を左右する手作業の部分以外は積極的に機械化を進め、その余力を大切な所に注ぎ込むように努力している」とのこと。
美味しさを作り出すことの難しさをあますことなく感じさせてくれる。時間は約1時間。

9:00〜16:30。土曜日・祝日 定休。
時間があれば山あいにある精米所も見学可能。

商品に関連する写真 (-p■)q☆パシャッパシャ☆

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー