広島県の日本酒を専門通販 広島SAKE倶楽部です♪

賀茂泉(壽・古酒)

賀茂泉の色あいは、とてもはっきりしています。
昭和40年、賀茂泉の「日本酒の夢とロマン」(前垣寿男社長)は、そこからスタートした。
賀茂鶴や白牡丹など、西条の大きな蔵と伍していくには何が必要か。
その答えを、蔵独自の個性を活かすことと考えた先代寿三社長は、結論を「日本酒としての本来の姿」に求めた。それが、米そのままの姿を酒として表現する。「純米酒」だった。
「日本酒のロマン」純米酒は、賀茂泉ならではの代名詞です。
4